退職代行コラムの一覧

退職代行サービスは未成年でも使えるのか?親に秘密にしたいけど大丈夫?のキャッチ画像

退職代行サービスは未成年でも使えるのか?親に秘密にしたいけど大丈夫?

高校生や大学生のアルバイトや、未成年の社会人(会社員・正社員/契約社員など)が退職代行を使って仕事を辞めることはできるのでしょうか。また、親に秘密で退職代行を利用したり仕事を辞めたりすることはできるのでしょうか。今回は未成年の退職代行の利用について述べていきます。

SES辞めたいけれど辞められない…そんな時は退職代行を利用すべき理由のキャッチ画像

SES辞めたいけれど辞められない…そんな時は退職代行を利用すべき理由

SES(システムエンジニアリングサービス=客先常駐)は、所属会社から派遣されて客先に出向きSEの仕事をする職種ですが、IT業界の中でもかなりブラックで「闇」とまで言われる仕事と言われています。辛い環境で盲目的に働き続けるしかないという現状に追い込まれている人も少なくありません。今回は、そんなSESの方々の辞めたい理由や辞め方などについて解説していきます。

歯科衛生士を辞めたい理由と円満退職する為にはどうしたらいいのキャッチ画像

歯科衛生士を辞めたい理由と円満退職する為にはどうしたらいい

歯科衛生士の仕事は、歯科医院で歯科医師のアシスタントとして働くため、院長やオーナーの権限が強い職場だとストレスを多く抱えることになる可能性が高くなります。また、女性が多い職場ならではの人間関係の難しさも感じやすい仕事です。今回は、そんな歯科衛生士を辞めたいと思う理由や、円満退職するために気を付けたいことなどをまとめました。

40代の退職はリスクだらけ?仕事を辞める前に考えるべきことのキャッチ画像

40代の退職はリスクだらけ?仕事を辞める前に考えるべきこと

40代で退職して新しい仕事に就こうと思っても、なかなか上手くいかないのが今の日本の悲しい側面です。40代の退職は、その先のことを考えるとリスクだらけを言わざるを得ません。今回は、そのリスクについて、また、仕事を辞める前に必ず考えるべきことについて、まとめました。

仕事辞めたい病かも…克服方法のまとめのキャッチ画像

仕事辞めたい病かも…克服方法のまとめ

しょっちゅう仕事を辞めたいと考えてしまうという経験をしたことはありますか?もし、この記事を読んでいるあなたが、今現在こんな感情に囚われていたら、それは「仕事辞めたい病」かもしれません。今回は仕事辞めたい病について語っていきます。

調剤薬局事務を辞めたい…辛い理由と具体的な対処法を解説のキャッチ画像

調剤薬局事務を辞めたい…辛い理由と具体的な対処法を解説

医療現場はどこも常に忙しさと「ミスできない」緊張感でいっぱいで、かなりストレスが溜まる仕事環境です。医療事務、調剤薬局事務といった事務職であってもストレスが溜まる仕事環境です。今回は、調剤薬局事務の仕事を辛いと思ってしまう理由と、それぞれの具体的な対処法をご紹介します。もう無理かもしれない…と悩んでしまったら、是非最後まで読んでみてください。

退職代行を使いたいけど、有給が足りない場合はすぐに辞めることはできないのか?のキャッチ画像

退職代行を使いたいけど、有給が足りない場合はすぐに辞めることはできないのか?

退職代行の「即日退職」は、厳密には即日ではなく、退職を申し出た日から2週間後の退職となります。この2週間は有休を消化するか、欠勤扱いにすることによって「会社に行かない」期間となります。それでは有休が足りない場合は即日退職はできないのか、という疑問が出てきますよね。今回は有休と退職代行による即日退職の関係性について解説していきます。

管理職が嫌で仕事を辞めたい・・・そんなときの対処法のキャッチ画像

管理職が嫌で仕事を辞めたい・・・そんなときの対処法

管理職に昇進したものの、それまでの気楽な平社員と比べて重く責任がのしかかってきたり、部下と上司に挟まれて気苦労が耐えなかったり、そのくせ給料はそんなに上がらなかったりして、仕事を辞めたいと思う人が少なくありません。もし、管理職になってから仕事を辞めたいと思ってしまったら、この記事を読んで様々な対処法を参考にしてみてください。

退職代行は嫌がらせなどある?リスクを減らす方法のキャッチ画像

退職代行は嫌がらせなどある?リスクを減らす方法

最近何かと話題になっている退職代行ですが、まだ比較的新しく歴史の浅いサービスであるために、利用するのを躊躇してしまう人も少なくありません。今回は退職代行を使うと嫌がらせを受けることがあるのかどうか、そのリスクを減らすにはどんな方法があるのか、ご紹介していきます。

仕事の辞め癖を治す方法のキャッチ画像

仕事の辞め癖を治す方法

「職を転々とする人」はあまり良い印象を持たれないイメージですが、自分がそうだということで悩んでいる人も沢山いるのではないでしょうか。そういったいわゆる「辞め癖」がついてしまっている人は、どうやったらこの辞め癖を治すことができるのか、今回は述べていきます。