退職代行についての記事一覧

退職代行サービスはアルバイト・パートでも利用可能?のキャッチ画像

退職代行サービスはアルバイト・パートでも利用可能?

近年ブラックバイトというものも増えており、多くの労働者が不当な扱いに苦しめられています。そんな時に活用できるのが、退職代行サービスです。退職代行サービスは、依頼者本人に代わって退職したい旨を勤務先に伝えてくれるサービスです。この退職代行サービスは、アルバイトやパートでも利用できるのかどうか、利用する際の料金、注意点などについて、今回は詳しく解説していきます。

退職代行サービスは公務員でも利用できるのか?のキャッチ画像

退職代行サービスは公務員でも利用できるのか?

市役所や県庁などで働く職員、教員、警官、裁判官、そして自衛隊など、様々な公務員の仕事がありますが、公務員の方々も退職代行サービスを利用して退職することはできるのでしょうか。先に答えを言ってしまうと、不可能ではありません。しかし、一般企業とは異なる方法で退職に向けて動かなければなりません。

退職を言いづらい...という人への切り出し方のコツのキャッチ画像

退職を言いづらい...という人への切り出し方のコツ

退職したいと会社の上司に伝えるのは、少なからず緊張や不安などネガティブな感情を伴います。なかなか言い出しづらい、切り出せない、という方も少なくないはずです。しかし、退職するためには、退職する意思を伝えなければなりません。今回は、退職を言いづらい人のために、退職を切り出す際のコツを伝授いたします。

退職代行サービス料金(費用、価格)を10社比較、コスパが良いのはどこ?のキャッチ画像

退職代行サービス料金(費用、価格)を比較、コスパが良いのはどこ?

自分で退職を切り出せない人の強い味方、退職代行サービスは、依頼者に代わって会社に退職したい旨を伝えてくれるサービスです。今回は、コスパ重視で信頼できる会社を選ぶならばどこがおすすめか、ランキング形式でご紹介するとともに、価格表で分かりやすく退職代行サービスの料金比較をいたします。

退職代行サービス使ったら会社から電話は来ることはある?のキャッチ画像

退職代行サービス使ったら会社から電話は来ることはある?

多くの退職代行サービスに「会社との連絡は一切不要!」という謳い文句が掲げられていますが、心配に思う方もいらっしゃることでしょう。今回は、退職代行サービスを使ったら会社から電話が来ることがあるのかどうか、来た場合はどのように対応すべきか、なぜ会社から電話がかかってくるのか、あるいは電話をかけてこないのか、といった点について解説していきます。

【完全保存版】退職代行サービスとは?なぜ人気なの?初めて使う人の疑問点などのまとめのキャッチ画像

【完全保存版】退職代行サービスとは?なぜ人気なの?初めて使う人の疑問点などのまとめ

退職代行サービスはどんなサービス?メリットとデメリット、料金や利用の流れから、おすすめの退職代行サービスや 利用したいけれど、有給消化は使えるのか?弁護士と民間の違いなど様々な不明点を徹底解説していきます。

退職届は親や知人に頼んで代理人提出でも可能か?のキャッチ画像

退職届は親や知人に頼んで代理人提出でも可能か?

会社を辞める際、退職届を人事部に必ず提出し、書面として退職の意思を残します。これにより、会社は「本人の意思によって退職を希望している」として退職手続きを進めます。では、退職届は、親や知人が代筆したり代理で提出したりしても有効になるのでしょうか。今回は退職届の代理人提出についてお話していきます。

退職代行を使うと退職金はもらえなくなる?のキャッチ画像

退職代行を使うと退職金はもらえなくなる?

会社を退職する時に頭に思い浮かぶのが「退職金」や「有給消化」ではないでしょうか。退職金がもらえるかどうかは、会社の規定によって決まりますが、多くの会社には退職金に関する決まり事があります。それでは退職代行サービスを利用して会社を退職した場合にも、この決まり事は適応されるのでしょうか。退職代行サービスを使った際に退職金がもらえるかどうか、解説していきます。

試用期間中に退職代行は使える?のキャッチ画像

試用期間中に退職代行は使える?

新しい会社で働き始めると、最初の一定期間は「試用期間」となっていることがあります。この試用期間中に会社を辞めたくなってしまった時に、退職代行を使うことはできるのでしょうか。今回は試用期間中の退職代行サービスについて述べていきます。

円満退職は退職理由が重要!伝え方の例やNG理由などのまとめのキャッチ満退職は退職理由が重要!伝え方の例やNG理由などのまとめのキャッチ画像

円満退職は退職理由が重要!伝え方の例やNG理由などのまとめ

会社を辞めたい」ということを伝えるのは誰もが緊張します。トラブルにならないように、退職の意向を伝える際にも色々なことに注意しなければなりません。円満に退職できる退職理由の例と伝え方についてご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

<< 前へ 12345